2005/5/28記              OFFICEYASSへようこそ。                   内容の更新は新しい方のサイトで。   でもここへのコメントにはなるべくお答えします!

by yass67
 
軽井沢の休日③満足度高し!中軽井沢「村民食堂」
軽井沢も何回か来るとメインストリートの旧軽井沢以外にも
いろいろと行きたくなるわけで、今回は中軽と南軽を中心に攻めてみました。
私も嫁さんもいろいろと行きたい店とかあるわけですが、今までは
わりと行ってガッカリな店も多く、もう同じテツは踏むまい、ということで
今年は行く店にはかなりいろいろと情報を仕込んでからいくつか回って
みました。結論から言うと今年は「当たり」です。軽井沢の達人的な方には
誠に僭越ながら2回に分けて紹介しておきます。

●村民食堂
長野県軽井沢町星野 
TEL:0267-44-3571 営業時間:11:00~17:00、18:00~23:00
a0005099_229862.jpg

まずは、ファミリーで行ってもお洒落で肩肘張らずに行けるお酒も美味しい
お店でリーズナブルで観光スポットっぽくないところ、というかなり無茶苦茶な
私の条件を満たしてくれたお店。。。(^.^;

まず地名の星野には軽井沢高原教会があり、大正時代に北原白秋や
島崎藤村など多くの文化人が教育講習会を開いていた講堂として名高く、
この店の名前も堀辰雄の小説「美しい村」から付けられたそうです。
昔から文人墨客が訪れる文化色の濃いところ。
また、ブレストンコートという新しい洗練された建物のホテルもあります。

村民食堂は星野温泉の中にあるダイニングレストラン。ここには「トンボの湯」
という日帰り露天風呂の温泉施設があり、大勢のお客さんで賑っています。
実際夕飯時には駐車場はすぐに満車になり、駐車場待ちの車もかなり多い状況です。
上の写真のように村民食堂はその名前とは違い、とても洗練された造形の外観、
また店内も中間照明でJAZZが流れ、天井も高く、非常に開放的かつ落ち着いた
雰囲気です。

まず、ビールを注文しました。。。。あ、車だったので私は飲んでいません。
さすが軽井沢で、やはり軽井沢高原ビールが3種類ともあるのですが、
選んだのは季節限定の「シーズナル」。炭酸分が少なく、きめ細かな泡立ち、
ホップの香りがたち、副原料を使わないまさに麦芽とホップと澄み切った水のみで
作られたこの一杯がするすると喉を越していきます。。。炭酸のきつさもなく
滑らかに、熟成されたホップの苦味を爽やかに残して。。。
いや、そうだと嫁が言っておりました。。。

嫁さんは<村民定食>を、私は<信州牛の陶芸焼き定食>をオーダー。
私の注文は一日限定50食で、出来上がりに時間がかかるとのことで
それまで一品として、<ひたし豆>をつまんでいたのですが、これがまた
ビールに合う、いや合いそうです。。。(^.^;
大豆をひたすら醤油に長時間浸しただけのものなのだそうですが、非常に素朴で
味わいがあります。また茹でていないのか豆は固め、しかし生っぽくはなく
いい歯ごたえを感じます。
a0005099_22402647.jpg


嫁さんの<村民定食>が来ました。やはりこれがこの店の看板メニューのようです。
山菜、肉、魚、と信州の食材をふんだんに使った、フルコース。
a0005099_22514610.jpg

なめこおろしそば椀、鮎の南蛮(?)漬け、もずくとじゅん菜の和え物、そして
豚バラ肉の味噌煮。これは上に細かく砕いたクルミやナッツが信州味噌と一緒に
焼いたものが乗っており、これがまた香ばしくて美味しい。
a0005099_22571576.jpg

これに5種類の前菜、香物、ご飯、味噌汁、和菓子のデザートがついて1,680円
ですからかなりCPがよい一品だと思います。ちなみにご飯と味噌汁はおかわり自由、
と言われました。くいしんぼうな方は是非。。。

そして私の<信州牛の陶芸焼き定食>がやってきました。。。と、なにやら四角い
陶芸の焼き物だけが出されてびっくり。お店の方が木槌で2回ほどそれを叩いて
さらにびっくり。
a0005099_2333610.jpg

中にはパラフィン紙で包まれた牛肉の信州味噌漬けが入っていました。
なるほど時間がかかるわけです。パラフィン紙をゆっくり丁寧にはがすと、中から
今まで閉じ込められていた味噌の香ばしい香りが一気に開放されていっぱいに
広がります。湯気の塊が出切った後に食欲をそそる香りが余韻を残します。
a0005099_23102144.jpg

味噌に茄子・パプリカ・葱・ししとうなどの野菜の甘味と一緒に肉汁と味噌の甘味が
交じり合いなんとも美味しい。これは相当ご飯がすすむ一品です。
こちらはこれにご飯・味噌汁・香物がついて1,880円(だったかな?)とCP的なお得感は
あまり感じないのですが、手間ひまと限定メニュー、ということを考えれば満足度の
高いメニューかと思います。

「村民食堂」は、中軽井沢交差点を北上、<スケートセンター入り口>信号手前右手。
大きく<星野温泉>の看板が出ているのでそこを入ると中にあります。
ただし、駐車場の混雑は必至なので、手前300mほど右手にある<第2駐車場>から
歩いていくのがお勧めです。目印はカウボーイステーキハウスという店の向かいです。
軽井沢へ行く機会があれば、温泉目当てでもよいので行ってみるべし。
[PR]
by yass67 | 2004-08-13 23:28 | 休日
<< 軽井沢の休日④ちょっと違う<森... 軽井沢の休日②北軽井沢「HOT... >>


S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
検索
カテゴリ
最新のトラックバック
VVV6 東京Vシュラン2
from むぅにぃの駄文戯れ言
ちい散歩(070226)
from テレビなコラム(テレコラ)
土曜は鰻の日(←ちょっと..
from 全ての未確定に火を放て
叶匠壽庵(かのうしょうじ..
from  エ ク ニ セ イ カ ツ..
あらかわ遊園地にいってき..
from ありんこママのキモチ
いでじゅう!
from マンガの知識館
大島や@月島
from miti.log
フラトンホテル (The..
from Blog by Kazu
さつま寿の空瓶
from 焼酎場もくらん
『ハウルの動く城』観客動..
from 京の昼寝〜♪
お気に入りブログ
LINKS
ライフログ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
?連リンク